浮気されたときの対処

浮気されたときの対処

浮気されたときの対処仕方はわかりますか?

 

普通は男性に浮気されると浮気の証拠をつかんで問い詰めたり、男性が浮気相手と一緒にいる現場をおさえたりして、言い訳できない状況にします。

 

浮気するような男性とは別れる、とはじめから決めているならよいのだけど、「まだ好き。別れたくない。」という気持ちが少しでもあるなら、この対処の仕方はよくありません。

 

理由は男性の逃げ道がないからです。

 

男性は逃げられないところまで追い詰められると「自分の恥ずかしいところ、情けないところを見られた」ということに耐えられず、あなたの前から去って行きます。

 

男のプライドを立ててあげるためにも、その人と別れたくなければ逃げ道を残してあげることが大切なのです。

 

では逃げ道を残してあげるとはどういうことでしょうか?

 

今回は浮気されたときの対処の仕方についてご紹介します。

 

 

 

男性と別れたくなければ浮気の証拠をおさえて、それを基に問い詰めたりしてはいけません。

 

それはまるで浮気の証拠で男性を崖に追い詰め、問い詰めて彼を崖から落すようなものです。

 

崖から落ちた男性は二度と戻ってこないと思いましょう。

 

ではどう浮気されたときにどう対処すればよいか?

 

 

 

崖に追い詰めてはいけません。逃げ道がなくなります。
ということはつまり、崖に追い詰めない → じっと耐える が正解です。

 

辛いと思うけど、これが浮気が原因で男性と破局しない一番の方法です。

 

 

 

ただ、じっと耐えるだけだと男性が本気の浮気なのか、遊びの浮気なのかがわからないので、軽く脅しのサインを送るとよいでしょう。

 

「あなた、私と結婚する気ある?」
「あなた、昨日何していたの?」
「ちょっと話があるの。」

 

こういう一言で浮気している男性はドキッとします。

 

男性に「もしかして浮気に気が付かれたか?」と思わせる一言を言ってあげましょう。

 

でもあくまでも”気が付かせる”という寸止めにすることが大切です。

 

ずばり、「昨日、あなた、浮気していたでしょ?」と聞くと「してないよ!何言っているんだ!俺を信頼できないのか!!」とケンカになります。

 

「あたしは知っているのよ。あなたの浮気を。」を匂わせる程度に留めておくことが利口な女の対処の仕方です。

 

 

 

あとはあなたがどれだけ耐えられるかです。

 

1度浮気した男性なので、もしかしたらこれからも軽い浮気は続けるかもしれません。

 

それに耐えられるだけの彼を愛する強い気持ちがあれば、見て見ぬふりをするのが一番よいでしょう。

 

男性にはプライドがあり、逃げ道を作ってあげることを忘れないようにしましょう☆

 

 

男性心理の恋愛と脈ありTOPへ戻る

浮気されたときの対処関連エントリー