結婚と恋愛の違い

結婚と恋愛の違い

結婚恋愛違いはわかりますか?

 

人それぞれ価値観は違うと思うけど、今回は一般的な考え方をご紹介します。

 

結婚を考えている方の参考になれば幸いです。^^

 

 

一般的には”結婚と恋愛は違う”という考えをもっている方が多いようです。

 

その理由はいくつかあります。

 

1.責任の重さが違う
結婚するといろいろなことに責任が生じます。子供が生まれれば、子供の育児、教育に対する責任。家庭を守るという責任など。

 

恋愛は特に大きな責任はなく二人が楽しければいい、という関係だけど結婚となるとそうはいきません。

 

家庭を持つことと同時に責任をもつことも覚悟して結婚しないと意志の弱いままだとすぐに別れてしまうかもしれません。

 

2.二人だけの世界ではなくなる
恋愛は二人だけの世界で成り立つけど、結婚となるとお互いの両親、親戚、近所付き合いなどが絡んできます。

 

もちろん愛があれば何でも乗り越えていける!というのが理想だけど、嫁姑問題という言葉もあるように人には”相性”というのもあります。

 

彼とは相性が合っても、お姑さんと相性が合わなければ辛い思いをすることもあるかもしれません。

 

結婚する時は、相手の男性だけでなく、相手の家族も見定めた方がいいかもしれません。

 

3.お金の使い方が問題に
恋愛している時は二人のお財布はお互いが自分で管理しています。

 

でも結婚するとお財布を1つにまとめるというところが多いようです。

 

すると、恋愛していた時のように自分が自由に使えるお金が少なくなります。

 

これが原因でトラブルに発展することがよくあるのです。

 

お金に対する価値観が全く同じということはまずありません。多少でも誤差があるものです。

 

お金の使い方がお互い違う意見の場合は、話し合いをすることが大切です。

 

何にどれだけのお金を使うか?この意見が一致しなければ結婚生活も上手くいきません。

 

結婚する場合は、恋愛と違い、お金の使い方に対してできるだけ自分と近い考え方、価値観をもった人を選んだ方がよいでしょう。

 

お金の使い方があまりに違う場合は、結婚してもケンカの原因、トラブルの原因になりかねません。

 

恋愛中に相手の男性のお金の使い方、考え方をよく観察しておきましょう。

 

 

他にも結婚と恋愛の違いは、

 

・恋愛は法的手続きはないけど、結婚は籍を入れる
・恋愛は相手のいいところしか見えないけど、結婚は相手の悪い所も見える
・恋愛は会っている時だけ幸せならいいけど、結婚はずっと一緒にいて幸せになるための努力が必要になる

 

などがあります。

 

恋愛の延長線上に結婚があるのが理想だけど、現実は厳しいです。

 

結婚を視野に入れることができる男性と恋愛しましょうね☆

 

 

男性心理の恋愛と脈ありTOPへ戻る

結婚と恋愛の違い関連エントリー