亭主関白な男性との付き合い方

亭主関白な男性との付き合い方

亭主関白男性との付き合い方はわかりますか?

 

そもそも最近は亭主関白な男性と付き合いたいと思う人は少ないと思います。

 

亭主関白のイメージは、自分勝手、わがまま、暴力的(DV)のイメージがあるからです。

 

でも男性には少なからずプライドがあります。男のプライドです。自分は正しい、偉い、強いみたいな考え方です。

 

亭主関白な男性と付き合う必要はないけど、男のプライドを傷つけない、男を立てる付き合い方は身につけていた方がよいと思います。

 

では亭主関白なプライドの高い男性とお付き合いするには、何に注意したらよいでしょうか?

 

今回は亭主関白な男性との付き合い方についてご紹介します。

 

 

 

まず大切なことは男のプライドを傷つけないことです。つまり、男性の意見を否定してはいけません。

 

「あなたは間違っている!」
「それは違うわ!」

 

こういうことを我慢できずに男性に言ってしまう人は亭主関白な男性とのお付き合いはもちろん、普通の男性とのお付き合いもうまくいかないかもしれません。

 

男心は否定されることを極度に嫌います。

 

男性とお付き合いするためには、子供をあやすようなおおらかな気持ちを持つことが大切です。

 

「そうよねぇ〜。」
「あなたの言う通りだわ。」

 

自分と意見の違うことを男性が言ったとしても軽く流せる器の大きさが必要です。

 

 

 

亭主関白の男性心理は、ただ威張りたいだけです。何も偉くはありません。

 

その男心を理解してあげることができるなら円満な関係・家庭を築くことができるでしょう。

 

亭主関白な男性があなたや家庭を引っ張っているつもりでも実際それをやっているのは、器の大きな女性です。

 

影で支える女になる

 

亭主関白な男性をはじめ、普通の男性ともそのくらいの気持ちでお付き合いしてみてください。

 

きっと円満な関係・家庭を築くことができ、男性も男を立てるいい女を見つけたと思ってくれますよ♪

 

 

男性心理の恋愛と脈ありTOPへ戻る

亭主関白な男性との付き合い方関連エントリー