重い女の特徴

重い女の特徴

重い女特徴は、どういうものがあると思いますか?

 

代表的な重い女の態度としては、男に”接しすぎる”というものです。

 

”接しすぎる”というのは、”連絡をとりすぎる”とも言えます。

 

例えば、

 

  • メールを送りすぎる
  • 会いすぎる
  • 電話しすぎる

 

などです。

 

程度は人それぞれですが、男性心理の中の限度を超えると”重い女”と感じてしまいます。

 

好きになったり、男性に依存してしまうとやってしまいがちなので、注意が必要です。

 

 

では、そうならないためにはどうしたらよいでしょうか?

 

そのためには、ある程度男性を”放置”することも大切になります。

 

”放置”とは、”連絡をとらない時間を作る”ことです。

 

例えば、

 

  • メールは2日に1回、3日に1回など間をあける
  • 会うのは、週に1日もあれば、2週に1日にする
  • 電話は、3日に1回や1週間に1回

 

など。

 

こちらも頻度は人それぞれですが、基本は”間を作る”ということです。

 

毎日連絡をとっていると嫌になる男性もいます。

 

本音で仲の良いカップルならよいのですが、毎日連絡をとることを重荷に思う男性も結構います。

 

男性の態度や言葉、表情を見ながら判断してみましょう。

 

 

男性がいう重い女の特徴は、いわゆる心理的に負担を感じる女性のことです。

 

好きすぎて、男性心理に負担をかけないように気をつけましょう。

重い女の特徴関連エントリー