男に嫌われる女らしくない性格とは

男に嫌われる女らしくない性格とは

男に嫌われる女らしくない性格の1つに”大きな音を立てる”があります。

 

ここでいう大きな音とは、

 

  • ドアを閉める音
  • 机の引出しを閉める音
  • 椅子を引く、入れる時の音
  • ストローをすする音
  • パスタをすする音
  • 靴の音

 

などです。

 

本人は、もちろんどれも人に迷惑をかける意識はないと思うけど、音が大きいと周りの人は結構うるさく感じるものです。

 

その辺のことに気がつくかどうかが、女らしい女になるか、女らしくない女になるかの分かれ目です。

 

 

意識すればかなり軽減できる音

 

音というのは、意識するかしないかでかなり音の大きさが変わってきます。

 

静かにドアを閉めようとすれば、殆ど音はしませんし、足音も意識するかどうかで全く違います。

 

そこに気配りができるかどうかで、周りの男性の評価も違ってきます。

 

 

 

やっぱり男心としては、物静かな女性を女らしいと思うでしょう。

 

物を置く時もそっと置く。

 

廊下を歩く時も静かに歩く。

 

そんなしぐさの女性を女らしいと思います。

 

 

逆に大きな声でしゃべったり、大きなくしゃみをしたり、「ガッハッハッー!」と大声で笑う女性を女らしいと思うでしょうか?

 

おそらく思わないでしょう。

 

大きな音というのは、それだけ女らしくないと思われる要素をもっているのです。

 

気をつけましょう。

 

 

図書館でおしゃべりする女

 

例えば、図書館などの静かな場所でおしゃべりする人がいたら、あなたはどう思いますか?

 

気配りが足りないとか、配慮が足りないとか、無神経とか思いませんか?

 

大きな声を出してはいけない場所っていろいろあると思います。

 

 

 

そんなことに気がつかない女を男性は女らしいとは思いません。

 

ガサツな女と思い、嫌われることになるでしょう。

 

大きな声や音というのは、それだけ女らしさという魅力を奪ってしまうものなのです。

 

 

 

 

あなたはこれまで自分が出す音について、どれくらい神経を使っていましたか?

 

もし全く気を使っていなかったのなら、自分がたてる音について意識してみましょう。

 

音を立てない静かな振る舞いをすることで、男の人もあなたに対する見方が違ってきます。

 

意外と男の人は、そういう仕草を見ています。

 

是非、音に対してこれから意識してみてくださいね!

男に嫌われる女らしくない性格とは関連エントリー